娘3人と私、猫4匹(+α)で、わいわい、がやがや、たま~に治療記もあります
by ponnyanko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
治療経過
ねこ
日々あれこれ
食べ物あれこれ
植物
携帯投稿
全般性不安障害
タグ
(97)
(79)
(48)
(44)
(31)
(16)
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
猫の日常 犬の非日常
デュッセルタルの犬猫達
我が家のな~ちゃん
ティエタのアニマルファーム
ぐうたら日和
ソラミミニャワーV
今日は 元気かーい?
うちの中の野猫にっき
リンク
最新のトラックバック
(お徳用ボックス) サン..
from 尼村商会北館
放射線/放射線
from なるほどキーワード
一人笑い
from ぐうたら日和
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
病気・闘病
猫
画像一覧

また、一ヶ月も放置 (>_<)

退院してから一ヶ月ちょっと、前回更新からまた空いてしまいました(汗)

足の方は、家の中ではつたい歩きや調子のいいときは何も持たなくても
(ヨタヨタですが)歩けるようにはなって来ました。
ただ、思うように行かないことも沢山あってそれはそれでしんどいなぁと。

再再再発してる胸の方もやっぱり気になって・・・

今は「ハラヴェン」と言う抗がん剤で
週1で2週間続けて一週お休みと言う形でケモをしています。

比較的新しいお薬で名前は知っていたのですが
主治医から「この薬がいいと思う」と薦められたときは
正直私的には「?」だったんです。

新しいお薬なのでネットでこのお薬で治療されてる方のブログを探しても
そんなに沢山の方がいらっしゃる感じではないし
「副作用は大して無いが効き目は・・・?」みたいな感じで受け取っていました。


○標準治療とされているアンスラサイクリン系抗がん剤やタキサン系抗がん剤を使用し、効果が得られなかった、もしくは再発してしまった場合、これまでは「確実な次の一手」がない状況でした。2011年7月に発売されたハラヴェンは、この「次の一手」となる乳がんの新しい抗がん剤として大いに期待されています。

と書いてあって私は術前にどちらも使用して今に至っているわけなので
もちろん使える薬ではあるのですが、一般的には「ナベルビン」辺りかな~と
勝手に思っていたのとやはり効き目が未知数
(ま、今までから使われてる薬剤でも私にとっては初めての薬になるわけだから何を使っても未知数なんですが)

気になって主治医にいろいろ聞いたところ
私が調べていた頃の患者さんは前の2剤を使った後、さっき書いたナベルビンやジェムザール
ゼローダetcと使った後にこのお薬が出てきたのでそこから使い始めた方が多いと思う、
PONさんの場合は3rdラインで使うので僕は薦めます」との事でした。

今までも主治医とは何かある度にしっかり話し合って決めてきたので
今回もちゃんと話を聞き自分も納得してこのお薬で治療して行こうと決めて
初投与された翌週に事故!ったわけです(汗)

足の手術が終わるまでは抗がん剤は出来ないし、
その足のレントゲンで怪しい影が発見されてシンチ、CTと検査をしていくと
どうやら「大腿部辺りに骨転移?の疑い」が出てきてしまったり

ただ画像上限りなく怪しい、けれどただの打撲がそんな風に写る可能性が無いわけでも
ないとか・・・もういろんな事が救急車で運ばれて2,3日の間に起こって
パニック状態でした。

私は早く手術をして本来のケモを再開して貰いたかったのに
そうも行かず、ベッドから動けないまま1週間
私の決断は「術中迅速検査(細胞の)で白と出なかった場合は人工骨頭にしてください」
と言うものでした。

その部分に本当に転移があるかどうかを調べるには
1度手術をして骨の部分と回りの組織を切り取って病理に出すと言うものらしいのですが
それをすれば、その手術をした後も大腿骨の手術をしてるわけではないので
結局そこから病理の結果が出るまでは、ベッドから動けない状態が続く・・・
もちろんケモも再開できない、考えただけで気が遠くなりそうでした。

術中の検査は精度が良くない(と言うといい過ぎかな)
ので、白黒はっきり付かない事が多くグレーの結果が出た時にどうするか
で、私は先の決断をしたんです。
この入院で2回も全身麻酔の手術をするのも嫌だったし、
ベッド上で動けないのも限界でした。

結果「迅速検査」はグレーで人工骨頭に。
術後の病理で骨から異形細胞が見つかってやはり骨転移だったようです。

でも12月のPETにも3月のシンチにも7月始めのCTにも何も写っていなかったのに
それから3週間で「骨転移」は私にとっては今も???ですが・・・

極々微細な異形細胞と言うことで大腿骨骨折がきっかけで早く見つかって
良かったと思うべきでしょうか。

胸の方も気になることは多々あるのですが、
また次の更新(1ヶ月も空けないよう(汗))の時に書きます。

[PR]
by ponnyanko | 2012-10-20 01:41 | 治療経過