娘3人と私、猫4匹(+α)で、わいわい、がやがや、たま~に治療記もあります
by ponnyanko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
治療経過
ねこ
日々あれこれ
食べ物あれこれ
植物
携帯投稿
全般性不安障害
タグ
(97)
(79)
(48)
(44)
(31)
(16)
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
猫の日常 犬の非日常
デュッセルタルの犬猫達
我が家のな~ちゃん
ティエタのアニマルファーム
ぐうたら日和
ソラミミニャワーV
今日は 元気かーい?
うちの中の野猫にっき
リンク
最新のトラックバック
(お徳用ボックス) サン..
from 尼村商会北館
放射線/放射線
from なるほどキーワード
一人笑い
from ぐうたら日和
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
病気・闘病
猫
画像一覧

3クール2回目

3日間のノイトロジンのおかげ?で白血球14000(上がりすぎ)
で無事出来ました。

いつものように4時間かかって4本の点滴。
点滴前に飲むベナと言うお薬で眠い眠い。
点滴交換のナースコールしないといけないから、と思っていたのに
スコンと意識がとんでしまってて気がついたときには
ちゃんと次の点滴に交換されていました。

先日のCTの結果はやはり「悪性腫瘍は確認できず」でした。
先生曰くエコーの影も4クール終了後には消滅してる可能性がある
とのこと。

そうなった場合手術はどうなるのか
始めは癌が縮小したら温存手術が出来ると言うことで
術前化学療法を選択したのですが・・・。

少し前までは画像上癌が消滅しても元々癌があった場所を
手術するのが妥当な方法だったそうですが
今は放射線治療技術が進歩しているので手術のかわりに
放射線治療をする場合もあるそうです。

ただ、腋窩リンパ節に関しては手術はしておいた方が安心だと言う事で
リンパ節に転移していれば摘出、していなければそのまま閉じるそうです。

画像上消滅しても顕微鏡レベルの癌細胞が生きている可能性も否定できない
ので手術しないという方法に不安はありますが・・・。
[PR]
by ponnyanko | 2006-08-26 16:13 | 治療経過