娘3人と私、猫4匹(+α)で、わいわい、がやがや、たま~に治療記もあります
by ponnyanko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
プロフィール
治療経過
ねこ
日々あれこれ
食べ物あれこれ
植物
携帯投稿
全般性不安障害
タグ
(97)
(79)
(48)
(44)
(31)
(16)
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
猫の日常 犬の非日常
デュッセルタルの犬猫達
我が家のな~ちゃん
ティエタのアニマルファーム
ぐうたら日和
ソラミミニャワーV
今日は 元気かーい?
うちの中の野猫にっき
リンク
最新のトラックバック
(お徳用ボックス) サン..
from 尼村商会北館
放射線/放射線
from なるほどキーワード
一人笑い
from ぐうたら日和
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
病気・闘病
猫
画像一覧

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日からウィークリーハーセプチン

先日の病理の結果、HER2(+3)強陽性だったので
とにかくハーセプチンはやっておいた方がいいと言うことで
今日が初日でした。

前回、全摘後の術後補助療法では3週に一回だったので
初回は体重1kg/8mg 2回目以降は1kg/6mgだったのが

今回は体重1kg/4mg(初回)以降は1kg/2mgになります。
この一回分の量の差はやはり大きいと思います。

3週に1回のときの初日には夜になって高熱が出ましたが

今回も、術前でタキソールと4クールしたときも熱など出ませんでした。

3週に1回のときは回数が増えるにつれ身体が重だるくなった覚えがあります。
心機能のほうも最後の方(術後補助療法は18回)では少々低下していました。

これからは何回(何年?)やれば終わり、と言うのがないので
身体に負担の少ないと思われるウィークリーを選択しました。

ただ、毎週病院通いは結構疲れますけれど。。。
主治医にも相談したのですが先の長い治療なのであまり無理せず
必ずしも毎週でなくても、たまにお休みを入れても「いいんじゃない」とのこと。
ちょっと気が楽になりました^^

後は、延び延びにしてる仕事復帰ですね~
始めの予定では11日から復帰するつもりだったのですが
以前の日記にも書いたように今回の入院手術で戦線離脱(一番忙しい時に)
しなければいけなくなったことで少々、上司ともめました。

12月の始めに21日入院22日手術が決まり
仕事場にもすぐ報告し一番忙しい年末に入院で休むことを伝えると
いきなり「くび!!」だの「使い物にならないパートは要らない」だの
「病気持ちは困る」だの「入院するんなら2月とかの暇な時にすればいい」
だのと暴言を吐かれました(`ヘ´)なんで???

面接時には持病のこともちゃんと話していましたし
そのときは「病気があっても、上手く付き合って仕事をしてる人は沢山居るんだから」
なんて言ってた人が、です。

もちろん、そんな理由で「くび!」など出来るわけは無いのですが、
いろいろ言われた言葉が頭から離れません。
自分の中で今までちゃんと仕事をしてきた事を何一つ評価されることなく
忙しい時に「休む」と言うだけで何故そこまで言われないといけないのか!

釈然としなくて1月10日に社長に直談判?して来ました。(もちろんちゃんとアポを取って)
社長からは「○○さんには全く非が無いことだから、ゆっくり療養して復帰してくれればいい」
「(私を罵倒した上司)には僕からしっかり話をして置くから」と言ってくれました。

でも、未だに仕事に対してやる気が沸いてきません。
とはいえ、もうそろそろ戻らないと生活もやっていけなくなってきます。

さて、いつから復帰しましょうか。。。。
[PR]
by ponnyanko | 2012-01-22 03:52 | 治療経過

病理結果

先週に続き今週も病院。

先週傷を診て貰ったら広範囲で黒い瘡蓋になっていて
主治医から「こうなると治りが遅くなるから軟膏を出しておくから
夜寝る前につけてから寝るように」と、出されたのが

○プロスタンディン軟膏(皮膚潰瘍治療薬)

私はじくじくしてるより乾いてきた方がいいのかと思って
ガーゼだけあてて絆創膏でとめてたんですが、
先に主治医が言ったように瘡蓋になると治りが遅くなるそう。。。

で上の軟膏をお風呂上りにぬってガーゼを当てて一晩すると
瘡蓋の部分がふやけてきて黄色くなってじくじく状態に戻っていました。
色が膿んできてるような色だったのでちょっと不安でしたが。

こんなんでいいのかな~と思いながら今日診て貰ったら
「これでいいよ」「そのうちその部分が取れてくるから」
黄色くなった部分が取れてきたら新しい皮膚が出来てくる?そうです。


さて、今回の病理が出てました。
ホルモンER+  PgR-
HER2(+3) (陽性は予後不良因子)私の場合(+3)なので強陽性
         今はハーセプチンがあるのでかなり改善されてはいます。
核異型度3   (癌の顔つきが悪い)
Ki67 30% (高発現は予後不良因子)
このKi67って言うのは初発の時には無かったと言うか。。。
測定されなかったのか、ki67と言うのが一般的ではなかったのか、よくわかりません。
Ki67のカットオフ値も主治医は15%と言ってましたが
いろいろ読んでみると数値がバラバラでよくわかりません。
とは言え30%は高いですよね(汗)

初発の時と比べると微妙に違っています
初発の時はホルモンはER,PgR共に陽性
HERは同じ(+3)
核異型度は1(癌の顔つきが大人しい)でした。


病理が出たと言うことで今後の治療は
ホルモン療法+ハーセプチン

ホルモン剤、私はAI剤を使っているのですが
アリミデックス→フェマーラと来て再発なので
主治医は新しい薬(フルベストラント)はどうか?と言ってくれたのですが
私なりにいろいろ調べてAI剤がもう一つ残っているので(アロマシン)を
試すのはどうかなと思い聞いてみたら
AI剤の中でフェマーラで再発したのでアロマシンはどうかな~と言う感じでしたが
でも、フェマーラ→アロマシンで効いてる人も居るから
「やってみてもいいと思う」と言ってくれました。

で、アロマシン毎日1錠+週1でハーセプチンとなりました。
ハーセプは3週毎でもいいのですが、
3週毎だと1回量が多くなってしんどいと言う経験を以前術後補助療法で経験してるので
週1にして貰いました、毎週病院通いはそれはそれでしんどいですが。。。
[PR]
by ponnyanko | 2012-01-12 03:11 | 治療経過

ご心配をおかけしました。

昨年12月21日入院、翌22日朝9時半より手術。

手術室までは点滴棒?を押しながら看護師さん娘と共に移動。

手術台にも自分で乗ってまな板の上の鯉状態で
血圧計やらいろんなものを付けられて、酸素マスクを口に
看護師さんの「これはただの酸素ですからね」
麻酔医から「前回麻酔後気分が悪かったようなので前回とは違う薬を使いますね、
では、今から点滴で麻酔薬をれていきま・・・・」「す」の言葉が聞こえないうちに
意識がなくなりました。

2時間後「ぽんさん、ぽんさん聞こえますか、終わりましたよ」の看護師さんの声と
「お母さん、終わったよ気分大丈夫?」と言う娘の声で意識が戻りました。

暫くは意識朦朧状態でしたが、前回のような何とも言えない最悪な気分ではなく
吐き気もほとんどなく、1時間ほどしてから娘と話も出来るようになりました。

翌日にはドレーン以外の管や点滴が取れてお昼には自分で歩いてお手洗いへ
3日後にはドレーンも取れて身軽になりました。

予定表では1月5日までは入院とあったのですが、
お正月を病院で過ごすのは絶対嫌!だったので、手術する前から
主治医には「暮れには退院させてください」とお願いしていました。

傷の治りがイマイチ悪いのとドレーン抜いたところにリンパ液とかが溜まって
注射器で抜いたりとか、いろいろあったのですが年明けすぐに外来へ来て処置
と言うことで30日に退院させて貰いました。

で、年明け4日には外来へ
やはりドレーンの入っていたところにリンパ液が溜まっていたので抜いてもらい
傷の治りもまだ暫くはかかりそうです。
が、私自身は元気です!体力はないですが(汗)

今回胸壁に「局所再発」だと思って主治医の話を聞いていたのですが
いろいろ疑問があって手術前日のムンテラで、もう一度ちゃんと説明を聞いたら
胸壁(←は私の早とちり)ではなく皮膚のすぐ下の脂肪の中だったようで・・・

手術後の主治医の話でその脂肪の部分と皮膚を結構広めに取ったとのこと。
「皮膚転移しても困るからね」と。
皮膚移植をする程のことは無かったのですが
かなり皮膚を引っ張って?縫っているのでその部分がしっかりした皮膚になるまでは
ちょっと時間がかかりそうです。

皆さんにはご心配をおかけしました。
手術前の励ましのコメントとても心強かったです。

まだ、病理の結果が出ていないので今後の治療がどうなっていくのか
今の段階ではわかっていないのですが、前回と同じと考えれば
ホルモン療法+ハーセプチンになる可能性が高いんじゃないかと思います。

ただ、前回のように術後補助療法ではないので
いつまでを目安にするのか2年なのか5年なのかエンドレスなのか。。。
その辺りも気になるところです。

体力と傷の治りの様子を見て仕事復帰も考えようと思っています。
まだ、しばらくは無理かな~ですが。
[PR]
by ponnyanko | 2012-01-09 03:51 | 治療経過