人気ブログランキング |

娘3人と私、猫4匹(+α)で、わいわい、がやがや、たま~に治療記もあります
by ponnyanko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

その後のあとむ

バリウム検査で腸に異物(何かを食べたとか飲み込んだ)がない事はわかったのですが、
やはり腸の一箇所に何かが触れるものがあることは間違いないようです。

それが何なのか?
先生はリンパ節が少し腫れているのか、あとむの年齢では確率的には低いけど
リンパ腫の可能性も全くない、とは言えないとのこと。

そして、バリウム検査の後はしばらく普通の軟便
(って変な言い方ですが、血とか粘液が混じっていない)
だったのですが4、5日するとまた下痢便だったり、軟便に血と粘液が混じったりするうんちを
するようになり(本猫あとむは至って元気^^)やはり腸に問題がありそう。。。

あとむの便が不調になって病院に行きだした時にも聞いたのですが
もう一度先生にIBD(炎症性腸疾患)の可能性は?と聞いてみました。

「ない」とは言えないが症状が便だけで(最初は嘔吐もありましたが今はありません)
食欲もあるし、元気もあるしなぁ、と。
ただ、粘液や血が混じるのは腸に問題があるのだろうと。

IBDの確定診断はバイオプシー(生検みたいなものかな?)でしかわからないそうですが
結構難しい検査らしいので、私としてもそれはあまりして欲しくないなぁと思っていました。
IBDが疑わしい場合ほとんどはバイオプシーをしないでステロイドを使用して様子を見る、と
聞いたので、あとむにも使えないか聞いてみました。
(血や粘液混じりの便をしてるのだから腸内で炎症が起きてるのはたぶん間違いないだろうから)

先生も初めは軽い腸炎と思われていたようですが結構長く続いているし
改善が見られないので、少量で期間を決めて投与すれば大丈夫だろうと言ってくださいました。

ステロイドの副作用も少量ならほとんどないとのこと。
ただ、腸に触れる「何か」がもしリンパ腫だった場合、ステロイドの投与で一時的に良くなる
(良くなると言うよりはその存在がわからなくなる)
でもリンパ腫自体を治すことが出来るわけではないので、いずれ症状がでてくるよ、と。

もし、リンパ腫だった場合ステロイド使用で悪化することはないのか聞いてみたら
「それはない」と言うことだったので、思い切ってステロイドでの治療をお願いしました。

で、今週初めから1日半錠のステロイドをもらって飲ませていたら
劇的にウンチの状態が良くなりました!軟便でもなくモチロン血や粘液も混じることなく
コロコロの状態のいいウンチ!

ステロイドの効きめですね。あとはどのくらいの期間飲ませるか、
やめた途端また下痢状態に戻らないか、その辺りが気がかりなところです。

ご飯も処方食に変えました。何種類かの処方食のサンプルを頂いて試したのですが
なかなか気に入ってくれず(元々ご飯にこだわりがあって決まったものしか食べないので)
でも、いくつか頂いたサンプルの中の一つでクンクンしてちょっと興味を示したので
そのご飯に徐々に切り替え決行!まずは今まで食べていたご飯に少しづつ混ぜて
ごまかしながら^^:1週間ほどで混ぜたご飯はモチロン、
処方食のみの方も食べてくれるようになりました^^


電子レンジの前の極狭なところで
a0075358_38464.jpg


何もそんなところで爆睡しなくても(笑)
a0075358_391527.jpg

by ponnyanko | 2010-12-19 03:11 | ねこ